ポケモンGO徹底攻略!日本での最新情報も随時UP!

世界中で大ヒットしている「ポケモンゴー(Pokemon GO)」スマホアプリについて遊び方や攻略情報、裏技など提供します!

アイテム 基本情報 攻略法 裏技/裏ワザ

ポケモンGOで手に入る「卵(たまご)」とは?捨てる方法は?孵化に必要な距離と生まれるポケモンの種類、「ふかそうち」について

投稿日:2016年7月13日 更新日:

ポケモンGOで手に入るアイテム「卵(たまご)」とは?

1

タマゴはポケモンが中に入っているアイテムです。

タマゴを手に入れ、現実世界を歩くことで、ポケモンが生まれます!

また、生まれてくるポケモンは必要な距離と関係しています。

ポケモンGOでタマゴの入手方法

タマゴの主な入手場所は世界のいたるところにあるポケストップです。

ポケストップではランダムに入手できるアイテムのうちの一つにタマゴが含まれています。

(タマゴ以外にはモンスターボールや元気のかけらなど入手可)

他の方法としては、課金して購入もできるでしょう。

他にも入手方法があるかもしれません。

タマゴを孵化させる方法は移動!

タマゴを孵化させる方法は徒歩もしくは自転車で決まった距離を実際に移動することです。

ポケモンのタマゴには、タマゴによってふ化する距離が決まっています。

歩数ではなく距離で計算されているそうなので、外に出る必要があります。

ゲーム「ポケモンGO」のコンセプトの根幹を成す機能ですね。

また、車などで高速移動しても移動距離には加算されないので注意!

ただし、自転車での移動は問題なく加算されるで自転車に乗って移動するのが

早くタマゴを孵化させるポイントです、原作と同じですね。

自転車でいろんなポケストップを回りつつタマゴを孵化させよう!

裏技?タマゴの孵化にプラレールは有効?

1

ポケモンGOでタマゴを孵化させるには、現実世界で2km~10km以上の移動が必要ですが、

10kmとなるとなかなか大変なようです。

そこで、プラレールでの移動で楽に距離を稼ぐことはできないのか検証した人がいるそう。

タカラトミー公式ツイッターもラブコール?

しかし悲報です…。

ポケモンGOの距離判定はGPSを使ったもので、距離のカウントにはGPSの判定ポイントが

変わるほど広い敷地にプラレールを設置することが必要になるようで、

せっかくプラレールを買ったのに無用の長物となる恐れがあります。

なので何かと噂になっているプラレールチートですが、

正攻法で楽しむ方がゲームとしても面白いですし、ズルせずに楽しみましょう!

なお、判定されるための速度は時速10kmまでとも言われています。

基本は徒歩やジョギング、もしくはゆっくり自転車に乗るぐらいが最適となっています。

「孵化装置(ふかそうち)」に入れてタマゴをふ化させる

1

タマゴを孵すためには「ふかそうち」と言われるアイテムの中にたまごを入れる必要があります。

装置に入れていないたまごは孵化しません。

孵化装置(ふかそうち)は最初から1つ「ムゲンふかそうち」を所持している状態のため

この装置に入れられるたまごは一つだけなので、

どのプレイヤーもタマゴひとつづつ孵化させることできる。

同時に複数の卵を孵化させたい場合はポケコインで

「ふかそうち」を購入する必要があります。

より効率よく孵化させたい人は課金してどうぞ~という仕組みなんですね。

ポケモンGOでタマゴは9個までしか持てない

1

タマゴは最大で9個までしか持てず、ふかそうちに入れず持っているとどんどん貯まっていきます。

タマゴをMAX9個持っていると新しいタマゴが手に入らないので、

どんどんタマゴをふかそうちにいれて孵化させていく必要があります!

孵化させたら新しい卵をポケストップでゲットしてまた孵化させるというのが

ポケモンGOの一つのサイクルとなります。

これはウォーキングやサイクリングに行きたくなりますから、

運動が日課になりそうですね!

タマゴから孵化するポケモンの種類と必要距離

たまごの中にいるポケモンによって必要な距離は違います。

何のポケモンが生まれるか、孵化するときになって初めて分かります。

距離が長いとよりレアなポケモンをゲットできるという感じですね。

移動距離が長くなってくるとワクワクも増してきそうですね~。

タマゴから生まれる代表的なポケモンの種類と必要距離

(レア度・低)
コラッタ2km
ニャース2km
プリン2km
コイル2km
アーボ2km
トサキント2km
キャタピー2km
コクーン2km
など

(レア度・中)
ポニータ5km
ガーディ5km
ピカチュウ5km
タッツー5km
パウワウ5km
ヒトカゲ5km
マダツボミ5km
ゼニガメ5km
ニョロモ5km
など

(レア度・高)
イーブイ10km
ピカチュウ10km
など

ポケモンGOのタマゴ孵化にはマイルではなくメートルが採用されている

「ポケモンGO」をきっかけにアメリカ人の間で「メートル」の単位が認知され始めている。

世界各国で標準単位となっているメートルだが、イギリスやアメリカでは

主に「マイル」の単位が用いられている。

「ポケモンGO」の世界では距離の単位がすべて「メートル」で統一されていることで、

「孵化に2キロメートルが必要」という情報をぱっと見ただけではわからず、

Google検索で「2km to miles」というようなワードが急上昇しているとのこと。

アメリカやイギリスでメートルが認知されるのは日本人としては嬉しいことですね。

私はマイルの感覚がいつまでたってもわかりませんから汗

-アイテム, 基本情報, 攻略法, 裏技/裏ワザ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポケモンGOに「トゲピー」と「ピチュー」追加!ゲット方法は何キロタマゴ?

ポケモンGOに「トゲピー」と「ピチュー」追加! Pokemon GOを運営する米Nianticは新ポケモン「トゲピー」と「ピチュー」を追加したと発表しました! リリースによれば、 「トゲピーとピチュー …

ポケモンGOとはどういうゲーム?

ポケモンGOとはどういうゲームなの? 『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、 現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、 交換したり、バトルしたりするといった体験をするこ …

ポケモンGOでのポケモンの強さの基準、強化、育て方について

任天堂より配信のスマホゲーム『ポケモンGO』でのポケモンの 強さの基準、強化、育て方について情報まとめです! オリジナルのポケモンシリーズとはシステムが異なっています。 ポケモンGOでの強さの尺度は「 …

ポケモンGOで電池の消耗を抑える裏ワザとコツ!バッテリーセーバーを使う方法!フリーズの原因?

ポケモンGOで遊ぶときの思わぬ天敵と言えば電池切れ! ポケモンGOを普通にプレイしていると、だいたい1分に1%スマホの電池を消耗します。 満充電した状態のスマホでも1時間もプレイすればスマホの電池は半 …

ポケモンGOで不要なポケモンはどうする?「博士に送る」機能の攻略法

ポケモンGOではポケモンをゲットしたときに、 ポケモン詳細ページの一番下にカーソルすると 「博士に送る」というところがあります♪ ちょっと場所がわかりにくいので、発見していない人は 「博士に送る」ポタ …